Monthly Archives: 8月 2017

費用軽減効果と注意点

純正品のトナーの外装部を再利用から、より低価格での販売で人気を博すリサイクルトナーは、数字上の確かな費用軽減効果が約束された消耗品に違いありませんが、実際の継続的あるいは全社内的な導入に際しては、コスト面以外の複数の視点からの総合的な検証が欠かせません。特に非純正トナーカートリッジに関するリスクやデメリットを伝える情報は数多く、それら全てを鵜呑みにする、もしくは無視する、どちらの判断も正しいとは言えませんが、冷静な判断を通じ、より安全確実な経費削減効果を確保する姿勢が求められます。

例えば経理処理上の消耗品に費やす費用が削減出来たにせよ、それに伴いプリントアウトした書面の画質に劣化や問題が生じ、間接的に利益率の低下に繋がってしまえば、本当の意味でのプラスの効果とは言えません。これまで純正品に拘って品質優先で購入を続けていたスタイルから、経費削減優先でいわゆるリサイクル品に切り替えればそれだけで大きな費用抑制効果が得られますが、ここでも「どの業者から仕入れるのか」なる選択作業が見過ごせません。

トナーカートリッジの仕入れ先の見極めに関しても、たとえばトナー以外の関連アイテムの仕入れも含め、窓口を1本化する事で、小さくとも毎回の発注時の送料負担の軽減が叶うなど、着目すべきポイントは少なくありません。

リサイクルトナーに着目を

今日あらゆる業種の必需アイテムとして、圧倒的な普及率を誇って久しいのがパソコンとその周辺機器であり、その代表格としてパソコン本体とワンセットで捉えられるのが、プリンタすなわち印刷システムです。日々更なる優れた機能とコンパクト化が進むこの専門機器には、各々に必要なトナーカートリッジという消耗品が不可欠であり、各メーカーは自社市場を確保する意味から、独自の専用の企画の製品しか装着不可な企画の新製品を送り出し続けているのが現状です。

たとえば乾電池のようにメーカーを問わず統一規格の週品消耗品ではなく、結果今日市場に流通するトナーカートリッジの規格は膨大な種類となっています。更に次々とモデルチェンジが為され続けるハード面の推移から、長年大切に使用を続けるプリンタに合致するトナーカートリッジの調達に窮してしまう、エンドユーザーとしては割り切れぬ自体も少なくありません。

そして何より見過ごせないのが、この消耗品の継続的な調達に要する、費用面の負担の大きさです。格安販売を謳う大手量販店の店頭や通信販売など、調達ルートこそ複数の選択肢が私達エンドユーザーに与えられてこそいますが、それらの販売価格は経費削減効果を期待出来るものではありません。消耗品だからこそ、1円でも安価な仕入れを最優先課題と考えたいのは全員に共通する価値観であり、このニーズに応える商品として、リサイクルトナーが注目を集めています。

推奨サイト|リサイクルトナー専門店【トナプロ】

トナーカートリッジの賢い調達

特に日々大量の書類や図面などをプリントアウトする事業所にとって、これらの作業に要する消耗品に費やさねばならない経費は当然小さくありません。勿論これらが直接あるいは間接的な自社利益へと繋がる以上、品質の劣化はご法度ですが、取引先を含めた関係者一同にこうしたデメリットが露見しない範囲で、僅かでも経費を抑える努力もまた、結果的な利益率アップ効果に繋がります。

実際にプリントアウトに用いるプリンターに関しては、やはりより高画質で中長期的に正しく作動し続ける安定性が最優先され、作業内容相応の性能を有する機種の確保が欠かせません。また印刷する紙に関しても、価格と比例してその品質の優劣は一目瞭然であり、単に仕入れ価格を抑えるだけの経費節減では、巡り巡ってデメリットが前面に浮かび上がってしまわぬとも限りません。

こうして消去法で費用削減が可能と思われるポイントを探って行けば、自ずとトナーカートリッジに視線が定まります。一般的にはメーカー純正品の使用がベストと周知されていますが、今日注目を集める製品として、リサイクルトナーが着実に市場を広げている事実も見過ごせず、何より数多くの事業所での導入事例が右肩上がりで増加している事から、品質面に対する不安が想像以上に少ないメリットが伺い知れます。ここではトナーカートリッジの購入費用を抑えるべく、リサイクルトナーの導入をご検討の方々、あるいはこの存在自体を視野に入れておられなかった方々に向け、基礎的な知識を中心にお話を進めさせていただきます。